オカメインコと暮らす

オカメパニック対策

Pocket


スポンサーリンク


オカメインコを飼うに当たって飼い主の悩みのひとつとなる「オカメパニック」

 

オカメパニックとは?

専門家じゃないので詳しい事はわかりませんが、実感として知っている「オカメパニック」。突然、なんの脈略もなく(大きな音がしたとか理由がある時もある)いきなりパニックにおちいり、狭い籠にいようが、放鳥中だろうが突然やみくもに羽ばたき、多頭飼いだと連鎖反応でみんなでパニクるので、どこかにぶつかって怪我をする事も多い「オカメパニック」。

 

人間にはわからなくても、オカメインコは臆病なのでちっこい虫が飛んできたとか理由がちゃんとあるはず。特に夜の真っ暗な時に起こりやすいので、野生の頃、他の動物に襲われたご先祖様の記憶などが残っていて、少しの物音でも羽ばたいて逃げようとするのかな~と思っています。

 

オカメパニック対策その1-安心させてね

 

↑上記した様にオカメインコはとても臆病なので、オカメパニックが起こったら「どうしたの?大丈夫だよ~」なんて声をかけてあげて下さい。ちなみに私は今、一緒の部屋に寝ているのですぐ声をかけてあげれる環境です。オカメパニックが起こったら私も一緒にびっくりして目を覚ます状況ですwとなりの部屋から来るなら、電気の明かりもビックリするかもしれないから、電気つける前に声をかけてあげてね。

 

声、安心するみたいですよ。家族だから。そして一緒に寝てるから気がついたんだけど、オカメインコ、夢を見ている気がする。時々寝言言ってるし、オカメパニックももしや悪夢で起こっているのでは・・?だとしたら人騒がせですね(;´∀`)

 

オカメパニック対策その2-おやすみ箱はどうですか?

<ぷーちゃんが卵を生み出した>で少し書きましたが、うちはオカメパニック対策として、
1年半ほど、1羽づつ専用のおやすみ箱に入れていました。箱入り娘ならぬ箱入りオカメです( ̄◇ ̄;)

 

以前いた仔がオカメパニックで怪我をしたことがあったので、思いついた事なんですが、作り方は100円均一で買ってきた、コミックなどを入れるプラスティクの箱に空気穴をあけ、ふたにも空気穴をあけてオカメ箱完成です。

 

そして毎夜毎夜、オカメを捕まえ箱に入れるw
なかなか大変でした。

 

今思えばよくやってたなという感じですヾ(・ε・。)「まだ寝たくな~い」と逃げ回る仔達を捕まえなければいけないんですから。

 

これもオカメ愛!

 

1羽1羽声をかけ、なでなでしながら箱に入れる。入れた当初は出せ出せと暴れるオカメインコ達も、しばらくするとスヤスヤ寝てました(笑)

 

入れるのが遅れたら勝手に入って、おねむの準備してた仔もいましたね(笑)

 

今は6匹になってさすがに手がまわらなくなりやめてしまいました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
おやすみ箱を使ってた時はオカメパニックならなかったので、(なってても箱の中なので無傷)オカメパニックには良い対策でした。オカメは嫌だったかもしれないですけどね。

 

環境に慣れたらオカメパニックも減っていく・・とも思います。オカメインコは籠に新しいおもちゃ入れただけで怖がっていますものね、ホント繊細。安心できる環境を作れるようにお互いオカメインコちゃんの為に頑張りましょうね\(^o^)/

 

最後までお読み頂きありがとうございました


スポンサーリンク





-オカメインコと暮らす