うちの仔ブログ

うちの最初のオカメぼくちん

Pocket


スポンサーリンク


うちの最初のオカメインコ「ぼくちん」

 

2011年3月。
10年ぶりにうちにオカメインコの雛がやってきました。ルチノー(クリーム色のオカメ)の愛嬌あるかわいい仔。ペットショップで盛んに鳴いて私に猛烈アピール(に見えました、笑)あまりの可愛さにすぐにうちに連れて帰ると決めて、そのまま持って帰りました。
「ぼくちん」だからうちの仔にしたんです(*´∀`)

 

「ぼくちん」に一目惚れした私。
どのくらい盲目的だったかというと、一週間後に沖縄旅行に行くことも忘れてぼくちんを連れ帰って来てしまったこと(笑)預けたペットホテルでもとても可愛がられて。

 

copy="YES"SH06A

↑ペットホテルのHPにちゃっかり載ったぼくちんの画像

 

盛んにお話しているので、男の子だと思い込み名前は「ぼくちん」にしました。性格は甘えた、人懐っこい、自己中心的。自己中はうちのオカメみんなに共通します(笑)

 

一ヶ月後に花嫁候補として来た「ぷーちゃん」の事を完全にライバルとしてみなし、まだ雛のぷーちゃんの 冠羽をむしり取る という非道なおこないをしました。

 

オカメのチャームポイントは日の丸の様な赤いホッペの○(まる)と、頭のてっぺんの冠羽。それをむしりとるとはあんまりです。冠羽のないぷーちゃんの姿といったらΣ(;n;)

 

でも大きくなったぷーちゃんにすぐ反撃され、ボスの座から失脚。その後、あとから来たしろぅ王子にもすぐ負けたあかんたれ。ほんとなさけないぼくちんです。

 

最初に会った時、ペットショップにいた時は横に居たセキセイインコのまねをして「ぎゃぁ♪ぎゃぁ♪」盛んに鳴いていたのですよ。家に来た当初も同じ感じでぎゃぁぎゃぁ♪
だからオスだと思っていたのですが、その後鳴き声がおさまり、よくいうけたたましいオス鳴きなどもなく、パール(白い斑点模様がついた種類をパールと言います、遺伝的に女の子の確率が高い)でほぼ女の子確定のぷーちゃんにも関心をよせず。性別がはっきりせぬまま一年ほど経ってしまいました。

 

3羽目のオカメしろぅが来てから、しろぅは立派なオス鳴きを聞かせてくれましたので、ぼくちんはオスではないのかな?と疑うようになりましたが、ぷーちゃんの様に卵はまだ生みませんでした。

 

その後、うちに来てから1年半ほどしてぼくちんが卵を産み、やっと性別がわかりました。女の子だったんですね。

 

卵を一回産んだのを目撃しただけで、それ以降は確認していないのですが、その時期だけ「しろぅ王子」に片思いしている様な素振りがありました。
しろぅくんはぷーちゃんを一目見て好きになった様で、ぼくちんには冷たい態度でしたので、ぼくちんの恋は実らないままでしたが。

 

あんまり女の子ぽくない中性的なぼくちん。

 

たまちゃん、ぱっくん、ひなちゃんというライバルも追加され、私や娘の寵愛を独り占め出来ない悔しさからか、みんなに攻撃的で喧嘩を売り、だけど弱くてみんなに負けてなんとも情けないぼくちん。ごめんね、一匹だけで飼わないで。

 

お馬鹿な仔ほどかわいいというか・・そういう愛されキャラでもあります。娘とは今市子さんの鳥漫画「文鳥様と私」のナイゾウに似てるよね。と話しをしていました。

 

うちのボスではないけれど、最初に来たオカメリーダーのぼくちんなのでした。


スポンサーリンク





-うちの仔ブログ