オカメインコと暮らす

臆病なんですよね

Pocket


スポンサーリンク


オカメインコはとっても臆病。ちょっとした物音でも冠羽を立てるし、ささいな事でパニックにおちいる。

 

放鳥中なら部屋の中を色んな物にぶつかりながら(何かから)逃げ惑う。夜中ならカゴの中で突然飛び立ち、狭い籠の中でガンガン籠にあたる( ;∀;)うちでも羽を打ちつけて風切羽が取れてしまった事が何度かあります。

 

↓下の動画は放鳥中にビクビク怯えながら遊ぶピピンちゃん。放鳥時、急にびっくりして飛び回ったりするので飼い主さんは疲れ果ててしまうとか

ピピンちゃんは怖くて自分で飼い主さんの元へ戻れなくなった様子。

 

臆病なオカメインコ。たぶん野生の時に動物に襲われそうになった時の名残なんだろうけど、広いオーストラリアだと飛び立っても平気だけど、飼い鳥は飛ぶことによって怪我するリスクが。哀れ・・何世代か経たったら「急に飛ぶリスク」「パニックおこす方が危険」という事を覚えてくれるのかな?

 

うちにはオカメインコが6羽いるので、放鳥した時に誰かがパニックになったら凄い事になります「オーストラリア最速の鳥」オカメインコ6匹が部屋中を飛び回り、粉と羽も飛ぶ・・・。たまに鳥同士、空中でぶつかったり(汗)

 

見知った場所の方が事故もパニックも少ない気がします。下のリビングに連れていったら慣れない場所なので冠羽を立てて、すぐ飛び立とうとしますもん。たまにしか会わないお父しゃんが居るのも要因のひとつかもw

 

よっぽど原産国オーストラリアでご先祖オカメたちは怖い目にあったのかな?極度に臆病なのもオカメパニックしちゃうのもご先祖様もトラウマかもしれない。。地震大国日本では突然の地震にびっくりしちゃうこともあるみたい。

 

⇒ オカメパニック対策

 

臆病で慎重なオカメインコちゃん達、あまりビクビクしないで。のびのび元気で暮らしてくれるのが飼い主のお母しゃん、お父しゃん達の願いです。

 

オカメインコ飼いの皆様、お互いお疲れ様です。臆病ではあるんだけど脳天気で楽天家なところもあるんですよねぇ。

 

 


スポンサーリンク





-オカメインコと暮らす